読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yamax Monorogue

デジものレビュー中心で徒然なるままに・・・

Ployer MOMO7Wを使ってみた(その2)

Windowsタブレット 家電 iOS

そうはいっても、PCなんだしこれは出来るだろう・・・と思っていたけど何故か出来ないこと。
そもそもWin8.1の推奨環境を満たしていないこと(画面解像度とか)に起因するのか、前回書いた様に、日本語化などが中途半端なために何かがおかしくなっているのか・・・その辺は定かではないのだけど。

 

iPhoneでUSBテザリング

ケーブルで繋げばすぐ出来る・・・と思ったがそうではなかった。iTunesをインストールすれば出来るらしいが、この空き容量がないタブレットでそれは避けたい・・・と思ったら解決策が紹介されていた。

iPhone×Windowsで知っておきたいテザリング技

紹介されている「AppleMobileDeviceSupport64.msi」ではなくて「AppleMobileDeviceSupport.msi」しか見つからなかったのは32bitだからだろうか?
とりあえず、後者をインストールして、無事出来るようになった。

 

iPhoneBluetoothテザリング

これは未だに実現せず。ペアリングもOK、通信の接続もOKと出るのだけど、インターネット接続はなし、となる。もう少し検証を進めてみよう。
出来ている方がいたら教えていただきたい。

 

【TV SideView】

これも前に書いた様にうちにはnasneがある。今はiPhoneの小さな画面で視ているが、その代わりに・・・というのが一番有効な使い方だと思ったのだが。 

ストアからアプリがダウンロード出来ないのである。

念のためシステム要件のページを読んでみると、はっきりと「Windows ストアにアクセスしてアプリをダウンロードし、実行するには、アクティブなインターネット接続と 1024 x 768 以上の画面解像度が必要です」と書かれている。

視るだけであれば、PCソフトの「PC TV with nasne」が使えるが、外出先では使えない。
PC内にデータのコピーは出来るのに、再生は同一LAN内にnasneがないとダメ、という「TV SideView」では出来ることが「PC TV with nasne」では出来ない、というのも訳分からん(後者は3,000円もする、というのに)。

直接関係ないが、iPhoneのnasneに関するアプリは3種類ある。3種類それぞれに機能が異なる上に、動画を再生するためのライセンス料も別々に払う必要がある、ときたもんだ。販売元の会社が異なる(それぞれSONYなんちゃらかんちゃら、というグループ会社)とはいえ、いろいろなものをワンストップでやっていくべきこのご時世に、この辺りがSONYのダメな処。効率化を進めるために分社化するのは良いが、この縦割り体質が加速しないことを祈りたい。

話が逸れてしまったので、今回はここまで。
しかし、このMOMO7W、いろんなガジェットが手軽に使えるようになった昨今、久しぶりに 手のかかる、カワイイやつである。