読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yamax Monorogue

デジものレビュー中心で徒然なるままに・・・

安倍首相の「そんなことはあり得ない」発言。

徒然 時事

たまたま見かけたニュース。
結果的には今国会ではお流れになったらしいが、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の株式直接売買に関する質疑の中で、野党議員からの「政府の意図に反することをしたら株が売られる」という疑念が生じる事を案じる質問に対し、自席では笑い飛ばしながら、「そんなことはあり得ない」と反論していた。

つい先日、盟友の事務所で、権力にすがったものと、政治的影響力を持つものの間で不適切なやりとりがあったばかりではないのか?

ちょっと遡れば、沖縄に対し、もともと予算が決められていたにもかかわらず、政府の意図にそぐわない知事の行動は予算の執行に影響がある、と明言した大臣がいたのではなかったか?

「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番。経団連に働きかけて欲しい」という発言が自民党議員から出ていたのではなかったか?

一般的な感覚で言えば「そんなことはあり得ない」はずのことは、既に沢山起きている。起きているから懸念されているんじゃないか!

さらに言えば、自衛隊は7割ほどの憲法学者違憲と言っているから、憲法を変えるらしい。

中身や成り立ちから、9割以上が違憲だと言った安保法案はそのまま通しておいて?

違憲違憲状態と言われている一票の格差はそのままなのに?

経済成長についても、中小企業まで含めたデータで質問しても、大企業のみのデータで反論する、などの支離滅裂な対応もあった。

国会その他の場の質疑応答は、はっきり言って薄っぺらで浅はかだ。

追求しない野党もマスコミも情けない。

さらに言うならば、しっぽを振って同調している与党議員こそが情けないことこの上ない。
本当にこれで国会議員としての責務を果たしていると胸をはって言えるのか?

 

なにかがおかしくなっている気がしてならない。