Yamax Monorogue

デジものレビュー中心で徒然なるままに・・・

Huawei Fitを買ってみた! その2

前回の続き。

Huawei Wearをインストール〕

使用しているスマホは二代目Neoなので、アプリの話はすべてAndroidでの話。iOS版だと多少違うようなのでご留意を。

インストールするアプリは、セッティングに必要な「Huawei Wear」。

設定時にFitの画面にWearのURLのQRコードが表示されるという親切仕様。

当然、スマホとリンクするにはBluetoothを使用するのだが、設定>Bluetooth・・・ではなく、アプリの機器検索から選択してリンクする。

アプリは完全に日本語化されているので、セッティングは迷うこともなく、逆にいうと特筆すべき事も特にない。

ここで一つ残念なこと。
Androidの場合、SmartLockの機能で「信頼できる端末」として特定のBluetooth機器を登録しておけばロック解除が容易になるのだが、正規の設定>Bluetooth・・・という接続手順を踏まないFitは「信頼できる端末」として利用ができない。
手袋していて指紋で解除できない時などはちょっと面倒。

Huawei Healthをインストール〕

ライフログを管理するのが「Huawei Health

こちらも完全日本語化されれているので、なんら困ることはない。

ただ一つ留意点として、ランニングやサイクリング、ウォーキングなどの活動記録は、このHealthからでも、Fitの「ワークアウト」からでも開始できる。。
当然、Fitからが始めるのが楽なのだけど、そうすると地図上で確認できるようなルートを記録してくれないのである。自転車などでも距離や速度を表示してくれる以上、スマホGPSと連動はしている筈なのに。

〔通知機能について〕

他の方のブログなどを見ていると、ここがAndroidiOSで一番違うところっぽい。
Wearの「通知管理」を開くとインストールされているアプリがズラリ。一つ一つについて、Fitに通知するかしないかを設定できる。もちろん、Androidの設定で通知をオフにしているものは、ここでオンにしても通知はこない。

f:id:yamax_z:20180203104728j:image

iOSの場合は、全体として通知をする、しないの設定しかなく、iOSでオンになっているものは全てFitに届くらしい。

これもまた他の方のブログでもよく書かれているが、メールの通知が二重に来たり、という事が結構ある。ただ、全てではないので、これが不思議。

あと、自分はAndroidOutlookアプリのスケジュールで、アプリ上では「5分前に通知して」と設定していても、5分前はもちろん、オンタイムや終了時などにも通知をくれたりするのだが、これがウザい。

メールアプリやスケジュールアプリによっても動作が違うようなので、この辺りはもう暫く試行錯誤といったところか。

〔さっそくアクセサリ〕

普通腕時計では画面保護なんて気にしないので、果たして必要かどうかと悩まなくも無かったが、なんとなくスマホの乗りで保護フィルムを購入。
スマホの場合すべてマットタイプ、防指紋を愛用しているのだが、さすがにそれはないようで・・・

 そもそも、Huawei Fitのタッチスクリーンの反応は微妙なのだが、フィルムを貼っても特に変化は無し。指紋のつきやすさも変化無し。そこは残念。

あとMSBand2との大きな差はベルトが普通の時計と同じなので、好きなモノに交換が可能と言うこと。もともとついているウレタンのベルトもダメでは無いのだが、付け外しが若干煩わしいのと、肌に合わなかったらしく、一日付けていると夜には手首がかゆくなってしまったので、以下のモノに変更。

するりと腕に通し、磁石でくっつくだけなので、付け外しが非常に楽!
ただ、自分は実は軽度の金属アレルギーがあって、特に汗をかくと、身につけた金属と反応してしまうこともあるので、もしかしたら夏には別のモノにしているかもしれないが。

f:id:yamax_z:20180203104745j:image 

実際付けたらこんな感じ。
本体がシンプルなデザインなので、いろんなバンドに合わせられそうである。

Huawei Fitを買ってみた!

[お亡くなりになったMicrosoftBand2]

これまで使っていたスマートウォッチMicrosoftBand2を買ったのが2016年の9月頃だったらしい

当時、半年足らずでベルトが裂けた等という書き込みを見つつ、デサインと初代NEO(WindowsPhone)との相性から選んだものだったのだが概ね1年と4ケ月で永眠することとなった。

充電100%の状態で出社したら、会社に着いた時点でブラックアウト、でも帰ってきてケーブルを繋ぐと復活して、かつ電池は100%のまま、という事が何度かあり、モノは試しとオールリセットをかけたら帰ってなかったのである。

[使ってみると便利だった通知機能]

もともとはライフログ&自転車乗る時の心拍数チェックの為に買ったMSBand2だったが元来飽きっぽい自分がいつ迄もそんな物を気にする筈もなく、専らメールやLINEの通知チェック用だった。

特にバイブが弱いとされる初代・二代目NEOを愛機とするうえでは、思いの外便利・・・というか、必須であると言っても過言ではない。

と言うことで即座に次の機種選定を始めたのである。

[新機種の条件]

そんな感じなので、必須条件は以下の2点のみ。

 ・とにかくキチンと日本語で通知してくれる事

 ・アプリ毎に通知の設定が出来ること

以下は出来れば尚可、と言う双。

 ・電池の持ちは長いにこしたことはない。

 ・ディスプレイが丸いと(目新しくて)嬉しい。

 ・デ力すぎない方がいい。

 Amazonで見かける2,000~3,000円のものでも、機能的には問題なさそうなのだけど、通知が文字化けや繁体字でも困る。
かといって、Apple WatchやAndroidWareは必要以上に多機能だし、値段も高い。
10,000円前後ぐらいでなにか良いモノがないか・・・と探した結果、ちょっと予算越えではあったがたどり着いたのがHuawei Fitだったのである。

Huawei FIT/TITANIUM グレー/ブラック 【日本正規代理店品】 METIS-B19-BLACK

Huawei FIT/TITANIUM グレー/ブラック 【日本正規代理店品】 METIS-B19-BLACK

 

 [実機を触りにヨドバシへ]

 MSBand2は画面もバンドの幅しか無かったので、あまり気にしなかったのだが、やっぱり円形のモノは自分の腕にあう大きさかが気になるモノ。

ということでネットで展示があることを確認の上、ヨドバシAkibaに行ってみた。
はて、展示は何処だろう? 理美容? スマホ? 正解は腕時計のコーナーでした。

実際に見て、腕に付けてみると・・・
まず驚いたのは軽い! 35g! MSBand2は61g(スペック表が見つけられなかったので実測値)。

直径34.9mmは時計としてはちと大ぶりな部類に入るが、スマートウォッチとしては小柄。体はメタボだが腕は比較的普通、手は小さい自分でもさほど違和感はない。

Android7.1にアップデートするとペアリング出来なくなったスマートウォッチもあるようなので、ちゃっかりペアリングもテスト(実際には接続OKを押す手前までだが)してみてこれもOK!

ちなみにヨドバシAkibad店舗での各表示は、ヨドバシ.comより2,000円ほど高い(自分が見た時点では)。店員さんと交渉しようかとも思ったが、小心者の自分はヨドバシ.comで店舗受け取りを指定して、30分ほどお茶をしながら待ち、受け取って帰ってきた次第である。

実際の使い心地等については続く・・・ということで。

Amazon echo

ちょっと可愛くなてきたので、さっそくながら専用の充電池を買ってみた。

前回欲しい物リストに挙げたものではなく、もうちょっとお安いもの。

Smatree smacupplus Echo Dot (Newモデル)用充電台

Smatree smacupplus Echo Dot (Newモデル)用充電台

 

 

値段云々より、Amazonで売っている中では「充電ケーブルが繋ぎっぱなしでも、基本はEchoが優先的に電力消費するので、バッテリーへの負担は小さく劣化しない」と明記されていたのはこれしか見つけられなかったというのが選択の理由。

せっかく白い方を買ったのに…というのは無くもないのだが、この際目をつぶることにしよう。
f:id:yamax_z:20180114184927j:image

後ろ側はこんな感じ。

充電用のMicroUSBと出力用のUSB-Aがある。

つまり災害時などにスマホ充電用のモバイルバッテリーとしても使えるという事。

f:id:yamax_z:20180114184954j:image

我が家には非常灯がわりにこんな物もあるので、突然停電しても、家族のスマホをl~2回は充電出来る備えにもなってると思う。

 

使い勝手としてはMicroUSBのケーブルを抜くと勝手にバッテリーからの給電になるので特に意識することもなく、また、給電し損ねてEchoがシャットダウンさせられる事もない。

普段はリビングにあるのだが、ちょっとキッチンに連れて行ってタイマー兼音楽プレイヤーにしたい時など便利。防水出来ればお風呂に連れて行くのもありか?

 

ちょっと残念?な事。

(自分的には微笑ましちょっと笑ってしまうのだがイヤな人もいるかも)

ご丁寧に日本語のマニュアルが付いていたのだがどう見てもコピーして、箱に合うように丸く切りました…というもの。

作成が間に合わずコピーで済ませようとしたのか、或いはそもそも日本語マニュアルなんて無いものを、スタッフが切り貼りして手作りしたのか…

いずれにせよ、チョキチョキまぁるく切ってる姿を想像するとなんか楽しい。

(願わくばスタッフがブラックな状態で、泣きながらやっているのではありませんように)

f:id:yamax_z:20180114185017j:image

 

DCM-FZ300を修理した話 その2

前回の続き。

アイカップを交換してもらった訳だが、壊れた方のアイカップももらってきたので、ちょっと詳細を。

アイカップを裏から撮ったのが以下の写真だが、全体がウレタンゴムみたいな素材でできているのかと思いきや、実はプラスチックの基板(?)をウレタンゴムで包み込んでいるような部品になっているようである。

f:id:yamax_z:20180107225617j:plain

ということは、破れたところをめくっている前回の写真で見えているのは、カメラ本体では無く、このプラスチックの基板だったということである。

破れたアイカップを接着剤でくっつけられないかと考えてはいたものの、強力な接着剤をカメラ本体に塗りつけるのも・・・と躊躇していたのだが、実はそんな心配をする必要は無かったらしい。

しかも今回はもう外してあるものなので、遠慮無く、超強力接着剤でつけてみた。

プラモデル用のセメダインや黒ゴム接着剤 ではウレタンゴム的な素材はくっつかなかったのだが、上記のものではしっかり固定。遠慮無くプラスチックの基板に塗りたくった、というのもあるのだろうが。

2本のネジで止められているものを外さなければならないので、いろんな意味で自己責任が伴うのだろうが、同じようにアイカップが破損した人がいれば、対応の選択肢としてご検討の程を。

 

Nuans NEO [Reloaded]を買ってみた! その6

前回前々回に続き、直接的には二代目NEOは関係ない、再度SIMのテスト。
今回はUQモバイルの話。

いきなりですが、スピードテストの結果。

f:id:yamax_z:20180106184102j:plain

IIJmioのDタイプ、Aタイプ何れと比較しても圧倒的。
噂通り、直接子会社だけあって、auと同質のようである。

ちなみに購入したのはこれ。

 500円で初期手数料3,000円が不要になるお得なもの。
テスト用ということで通話無しのデータ高速プランで月額980円の3GB。
驚いたことにUQは初月、費用は日割りなのに、通信容量はそのまま3GBで翌月持ち越しができるので、月末に申し込めば、翌月はほぼ6GB!

先月末に手続きをしたので、今月1ヶ月6GB分いろいろ試してみて、今後どうするかを考えよう。

IIJmioにして1年以上は経過したので、乗り換えても良いのだけど、ファミリープランで家族とシェアしていると、お得感は圧倒的にIIJに軍配が上がる。

二代目NEOはデータ通信専用にして、通話専用と2台持ちにするか・・・と思ったら、もともとIIJの前はauだったので、IIJ Dタイプで通話できる端末が・・・初代NEO!

NEOの2台持ちってのもオツなもの?

f:id:yamax_z:20180108111803j:plain

 

 

 

DCM-FZ300を修理した話

修理と言っても大した話ではない。
アイカップが破損しただけである。

f:id:yamax_z:20180104111432j:plain

それだけの話なのだが、実はこの手のカメラは一眼レフのようにアイカップがパーツとして販売されていないらしいのである。

修理に出すのに発送の準備をするのも面倒くさいし、この手の外傷は保証外だろうし・・・などと思って、ゴムボンドで補修して騙しだまし使っていたのだが、秋葉原に持ち込みで当日修理してくれるところがあるということを知ったので、持ち込んでみたのである。

即日修理サービス - サポート - Panasonic
(カメラとPCの即日修理を行ってくれる)

結果、想定通り保証対象外という判断だったのだけど、アイカップの破損のみ、ということで部品代だけで対応します、という大英断をいただいた。

「大英断」って大袈裟な・・・と思われるかもしれないが、一応ネジを外しての修理ということで、扱いとしては「内部部品交換が伴う修理」となり、なんと13,000円!!!

一応確認したところ、修理にかかる時間は5分程度、ネジを外して交換する部品は単体では販売しない決まりになっている、とのこと。ちなみに部品代は1,800円。

確かにこれで13,000円と言われれば二の足を踏むだろうということで大英断をいただいたのだろうが・・・これは根本的に決まりがおかしくないですか、Panasonicさん?!

もし診てもらった上で修理しなかった場合は「診断料1,000円」と修理工房内に書かれていた。

今回は部品代だけとはいえ、お金を払って修理してもらったということになるのか、診断料もなし。

ありがたいけど、手間はかけているわけだし、こちらとしては申し訳ない。
とは言え、「じゃあ13,000円で」と言われてもちょっと・・・とも思う。

そこでPanasonicさんに提案!
・実際の作業時間等に応じた段階的な料金設定
・パーツの販売(無論、作業ミス等は自己責任)
この2つを検討してみていただけないものですかネ?

今回のアイカップに限定してみれば、部品を固定している、外からも見えているネジを2つ外して取り替えるだけである。

はっきり言って、この交換を勝手にやったことで、「内部の故障(例えばズーミングの不良など)も保証外になります」と言われたら理不尽だと思えるほどの、まったく他のところに関係の無いところ。
ましてや既に保証期間を過ぎていたりしたら「頼むから部品を売ってくれ」と言いたくなると思う。
世の中には色んな事でクレームを付けたがる人がいるので、大事を取るのは分からなくも無いが・・・

ただ、さらに言うならば、一眼レフのカメラではアイカップは取り替え可能なものとしてパーツが売られていることも多い(当然Panasonicのカメラにもある)。言い換えれば、消耗品扱いということである。

にもかかわらず、FZ300では要修理になってしまうのか、設計ミスとでも言いたくなるような仕様である。

繰り返しだが、今回の対応については非常に感謝している。
しかしながら、料金にしろ、パーツの扱いにしろ、もう少し社内ルールのあり方を検討してみてはいただけないだろうか?

大袈裟な言い方かもしれないが、大企業としての余裕のある部分と、逆に縛られる部分の両面を見たような気がする今回の出来事である。

Amazon Echo Dotを買ってみた!

AmazonからEcho Dotの招待状が来た!
・・・と言っても、初めは気づいていなかったらしく、「あと24時間で権利を失います」的なメールが届いて、本当に買うかどうかは決めかねていたので、慌てて「はて、どうしよう?」としばし考えた結果、とりあえずこの手のものは触ってみねば・・・と買ってみた次第である。

既に使い方はいろいろ紹介されているので、自分なりの感想をば。

f:id:yamax_z:20180103184228j:plain
Echo Dotはミニジャックで出力できるので、ミニコンポ等と繋いで使用可

 【いきなり総評】

まだまだ発展途上感は拭えない。

連続した操作においても、都度「アレクサ!」と呼びかけ無ければならなかったり、そこそこご認識したり、調べ物はGoogleアシスタントやSiri(どちらもスマホ)の方が賢かったりで、音声だけのフィードバックでは難しいものもあるのはわかるが、やっぱり「これは便利!」とか「これは楽しい!」とか言えるものはまだまだ少ない。

スキル(スマホで言うところのアプリ)も、立ち上げていると日本語の認識力が落ちる(ような気がする)し、終了が上手くできなかったり、

でも、音楽を声だけで操作したりしていると、思わず「アレクサ! テレビ付けて」と言いたくなった自分がいたことを考えると、方向性としてはありなんだろうな・・・と思う。
自分に合わなければ、最悪メルカリで売ってしまおうと思っていた(実は定価程度では売れることは確認した上で購入した・・・失礼!)のだが、どう発展していくのか、見てみたくなった次第。

さらに言わせてもらえば、もうちょっと流暢に話せると良いのだが・・・
目指せジャービス


【音楽再生の特筆すべき点】

AmazonMusicで作成した自分のプレイリストも呼び出し、再生が可能。
「アレクサ! プレイリストの××××を再生して」と呼びかければOK。
ただし、プレイリスト名はある程度認識しやすい日本語にしておく必要があるっぽい。
初めに「Favorite」をアルファベット読みして「ふぁぼりて」というプレイリストを作ってみたのだけど、何度呼びかけても認識して貰えず・・・

どうやら推測するに、「聞き取った言葉を日本語データベースに照会して一番似通った言葉として認識する」ということをやっているのだろう。
もともと日本語に存在しない言葉は認識しがたい、ということかと。

あと、時々普通に「アレクサ! 音楽かけて」と言っただけでも「すみません、上手くいきませんでした」と帰ってくることがある。
取り敢えず、スマホのアレクサアプリから一度再生してやると普通に使えるようになったりするのだけど・・・改善を求む。


【スキルあれこれ】

スキルは、スマホアプリで有効化した上で、その名前で呼び出してあげないといけない。

たとえば「アレクサ! ラジコを開いて」など。
よく使うスキルは良いのだけど、たまにしか使わないものはスキル名を忘れてしまいそうで、そこは困る。

例えば・・・
 ・スマホを探せる「トラッカール」
 ・地震の震度などを確認できる「地震レーダー」
 ・運行情報を確認できる「NAVITIME運行情報」(NAVITIME乗換案内とは別)
・・・など。

ちゃんと呼び出してあげないと言うことを聞いてくれないけど、しばらく使わないとスキル名を忘れがち。
また、スキルの充実が使い勝手のアップに繋がるわけだが、それは覚えなければならないスキル名の増加にも繋がるわけで・・・

「アレクサ! さっきの地震の震度は?」などでAIが自動的に「地震レーダー」に繋げてくれたりできるようになることが重要かと。

また、NAVITIMEの乗換案内などは所要時間と金額だけを音声で答えてくれて、経路はスマホのアレクサアプリで確認ということになるし、時刻表には未対応。だったら初めからスマホで調べるよ、という感じでもある。


【欲しくなるもの】

取り敢えずやっぱり家電のコントロールが声でできれば・・・と思うので、こんなもの。他にもいろいろあるらしいが、「家電リモコン」とスキル名を追加しなければならない面倒さの反面、他のリモコンより複雑な処理ができる・・・らしいので、とりあえずこれ。実際買うとなるともう少し検討してみよう。

 あとはこれ。
通常はリビングに置いてあるが、別の部屋やキッチンに持っていきたいときなどに便利。料理をしながら「アレクサ! 3分間タイマー」などと使うのに良さそうである。
そもそもEcho DotはMicroUSB給電なので、おそらくiPad等の充電もできるようなモバイルバッテリであれば使用可かと。

 
最初にも触れたが、発展途上感は否めなく、"AI"スピーカーとは名ばかり・・・といった軽い失望感とともに、将来への期待感も感じさせる商品。

気長に付き合っていこうと思うので、ドンドン成長していってくれることを願う。